大自然のアート『あぶくま洞』とラーメン屋『大番』の話

  • 2019年9月26日
  • 2020年6月12日
  • 雑記
  • 109view

 

こんにちは、ヘタレです。

 

『Statue Trip』の目的は本に載っている犬像を訪ねることですが、時間の余裕とその時の気分次第で観光地も回っています。

 

今回の福島県の旅では、メインの『会津若松市の愛犬クマ』と『須賀川市の代参犬シロ』のほか、田村市滝根町にある鍾乳洞『あぶくま洞』にも行ってきました!

 

真夏の暑い時期に行ったのですが、鍾乳洞の中はTシャツ1枚では寒いくらい冷えていました。

時期にもよるとは思いますが、外気温とは全く違うので入洞する際は防寒対策は忘れずに!

 

あぶくま洞・基本情報

 

所在地〒963-3601 福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1
交通アクセス(車の場合) 磐越道・小野IC or 田村スマートICから約15分

(電車の場合) JR磐越東線神俣町からタクシーで約5分

営業時間(3月上旬〜11月下旬) 8:30〜17:00 ※夏季期間は17:30まで

(11月下旬〜3月上旬) 8:30〜16:30

定休日年中無休
入洞料金(大人・高校生以上) ¥1,200

(中人・中学生) ¥800

(小人・小学生) ¥600

駐車場700台(無料)

 

あぶくま洞とは?

GoProで撮影。

 

あぶくま洞管理事務所HPより引用。

“およそ8,000 万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。 全長600m の洞内に、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石が続くあぶくま洞。 したたり落ちる地下水が自らの溶食作用によって創りあげる様々な造形美にはそれぞれに名前が付けられ、訪れる人を魅了します。洞内最大のホール「滝根御殿」、日本の鍾乳洞で初めて舞台演出用の調光システムが導入された「月の世界」など見どころがいっぱい。”

 

HPに書かれている通り、あぶくま洞内部とても広く、白いライトだけでなく緑、青のライトでも照らされていて、とても幻想的でした!

人工的に造られたものも綺麗だし感動しますが、やはり自然の造形美には敵わない気がします。

 

僕も彼女も自然豊かな場所が大好きなので、非常に楽しめました♪

 

正直なところ、この旅を始めるまであぶくま洞の存在を知りませんでした。

Statue Trip のアイデアが面白いと思った理由は、これまで知らなかった素晴らしい場所をナチュラルに発見できることです。

 

これからも全国を旅する予定ですが、有名な場所もそうでない場所も、初めて訪れるきっかけになると思っています。

 

GoProで撮影。

郡山駅近くのローカルラーメン屋『大番』の話

 

1日目は郡山駅前のアパホテルに泊まったのですが、夜ご飯は付近のローカル店に行こうということになり、ラーメン屋『大番』でにんにく味噌ラーメンと餃子をいただきました!

 

▼お店のレビューなどはこちら。

大番 – 食べログ

イチオシの『にんにく味噌ラーメン』

 

老夫婦が営むお店で、奥さんがキッチン、旦那さんがホールを担当していました。にんにくがしっかりと効いたラーメン、シンプルに美味しい餃子を頂き、大満足。

 

お会計の時にもすごくニコニコしていて、来てよかったなと思えた場所でした!

 

餃子とビール

 

1泊2日と短い日程ではありましたが、充実した旅になりました!

 

福島編はこれで終わりです。それではまた!

更新はTweetにて!最新情報をチェックしよう!