【ワイルドスピード _ 2001年】 無料視聴方法と英語学習まとめ

【ワイルドスピード】無料視聴で英語の勉強をしよう【英会話 x 洋画】

 

人気のカーアクションシリーズ、通称「ワイスピ」こと『ワイルドスピード(2001年)』を無料視聴する方法と、お気に入りシーンの英語、新たに学んだ英語をご紹介します。

 

へたれ
大人気シリーズの1作目!ブライアンとドムの友情が始まる…!

 

以前、映画・海外ドラマを観て英語を勉強する方法を解説という記事で書きましたが、映画を観るやり方は楽しく英語を勉強する方法の1つです。

 

VOD(ビデオ・オン・デマンド)と呼ばれる動画配信サービスを使えば、合法的に無料で視聴することが可能です。(※NetflixやAmazonプライムなど)

 

Amazonでは過去8作を合わせた、ワイルド スピード コレクターズ・エディション が販売されています。

 

映画の内容もしくは英語の内容、片方だけを知りたい!という方は下の目次をご利用ください。

 

▼他の洋画オススメ記事

>>> 【スパイダーマン/2002】無料視聴法と英語勉強まとめ

 

【ワイルドスピード】を無料視聴できるVODサイト

fast and furious - vod

 

VODサイトは数多く存在しますが、ここでは無料視聴ができる人気の5つのサービスと、最大手Netflixを合わせた6つを比較してご紹介します。

 

▼VODサイト一覧

ビデオ・オン・デマンド – 主なコンテンツプロバイダー(wikipedia)

 

無料視聴できるVODサイトまとめ

 

2020年5月時点で、ワイルドスピード(2001年)を無料視聴できるVODサイトは4つです。

 

VODサービス視聴可能
U-NEXT◎(見放題)
FODプレミアム×
Amazonプライムビデオ◎(見放題)
Hulu◎(見放題)
TSUTAYA TV◎(見放題)
Netflix(有料)

 

U-NEXTは31日間、Amazonプライムビデオは30日間,、Huluは14日間、TSUTAYA TVは30日間の無料トライアル期間があります。

 

無料期間が終わる前に退会すれば、完全無料で見放題作品を満喫できます!

 

U-NEXTの特徴【圧倒的な作品数】

U-NEXT

 

U-NEXTの最大の特徴は、大量の作品数!

見放題作品は18万本以上あり、他のVODサービスと比較しても圧倒的です。

 

【プレスリリース】U-NEXTの配信本数が20万本を突破し、見放題作品数は18万本に。

 

U-NEXTの基本情報
月額料金1,990円(税抜)
無料トライアル期間31日間
見放題作品数18万本以上

 

31日間の無料期間があるため、1ヶ月間試してみて合わなければ退会、気に入れば継続するのが良いでしょう。

 

無料で31日間お試し!はこちらから。

 

Amazonプライムビデオの特徴

amazon prime video

 

Amazonプライムビデオは、誰もが知る企業、Amazonの運営するVODサービスです。

 

他のVODサービスと比べると無料の見放題作品数が少ないですが、なんと言っても特徴は圧倒的な安さ!

月額408円(税込)で加入できます。

 

Amazonプライムビデオの基本情報
月額料金408円(税込)
無料トライアル期間30日間
見放題作品数1万本

 

「加入=Amazonプライム会員になる」ので、Amazonで買い物をする場合のプライム会員メリット(お急ぎ便無料など)や、AmazonMusicも使えるようになります。

 

動画サービス外のコスパも加味すれば、圧倒的にオススメなサービスです。

 

Amazonプライムビデオの30日間無料トライアルはこちらから!

 

Huluの特徴

hulu

 

Huluは日テレ系列のVODサービスとなります。

 

海外ドラマの豊富さ、期間限定での映画シリーズもの一挙配信などが特徴的です。

 

Huluの基本情報
月額料金933円(税抜)
無料トライアル期間14日間
見放題作品数5万本以上

 

また英語の勉強とは関係ないですが、日テレ系列のドラマやバラエティ番組、アニメを数多く配信しているのも大きな特徴です。

 

Huluの 14日間お試しトライアルはこちら から!

 

TSUTAYA TVの特徴

tsutaya tv

 

TSUTAYA TV はレンタルビデオ点の大手、TSUTAYAに運営されています。

 

会員になるとTSUTAYAの宅配サービスが無料になるというのが最大の特徴です。

 

TSUTAYA TVの基本情報
月額料金933円(税抜)
無料トライアル期間30日間
見放題作品数1万本以上

 

他のVODサービスと比較すると作品数は少ないです。

 

まずは 初回入会から30日間無料お試し! で無料トライアルをしつつ、見放題作品の好みが合っているか試してみるのが良いでしょう。

 

ワイルドスピード(2001年)のあらすじとキャスト

fast and furious 2001

 

カーアクション映画の人気シリーズ、ワイルドスピード。

今回紹介するのは、これまで9作上映された中の1番古いシリーズ作品となります。

 

邦題は「ワイルドスピード(ワイスピ)」で広く知られていますが、原題は「Fast & Furious(ファストアンドヒュリオス)」です。

 

ワイルドスピード(2001年)のあらすじ

 

ストリート・カーレースに大金を賭ける若者たちが、夜な夜な集まるロサンゼルス。その中でも一目置かれる凄腕ドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)にレースを挑んでくる無謀な連中を相手に、彼は1レースで1万ドルを稼ぎ出す!そんなある日、驚異のドライビング・テクニックを持つブライアン(ポール・ウォーカー)が無敵のマシーンとともに現れドミニクに勝負を挑むことになる!彼は、多発している高級品を積んだトラックが改造スポーツカーに次々と襲われるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。(引用元:Filmarks

 

続きが気になったら U-NEXT / Amazonプライムビデオ / Hulu / TSUTAYA TV へ!

 

ワイルドスピード(2001年)のキャスト

 

ワイルドスピード(2001年)の俳優陣のほとんどは、アメリカ出身です。

映画で使われる英語はアメリカ英語です。

 

役名俳優
ブライアン・オコナーポール・ウォーカー
ドミニク・トレットヴィン・ディーゼル
レティ・オルティスミシェル・ロドリゲス
ミア・トレットジョーダナ・ブリュースター
ヴィンスマット・シュルツ
ジョニー・トランリック・ユーン

 

ミア・トレット役のジョーダナ・ブリュースターはパナマ出身のアメリカ人女優。

敵役のジョニー・トランは、韓国系アメリカ人俳優。

 

ワイルドスピード(2001年)から学ぶ英語【シーン別で勉強】

 

ワイルドスピード(2001年)での、個人的に好きなシーン、名言、新しく学んだ言い回しの英語を解説していきます。

 

紹介するシーン以外でも学べる言葉や言い回しはたくさんあるので、是非勉強していきましょう!

 

ネタバレを含むため、知りたくない方は最後のまとめまでスキップしてください!

 

Every day for the last three weeks you’ve been coming in here…【ミア・トレット】

 

ストーリー序盤、ミアの働いている店でのブライアンとミアの会話。

 

ミア:Tuna on white, no crust, right?(ツナサンドの耳なし?)

ブライアン:I don’t know. How is it?(わかんない、美味しい?)

ミア:Every day for the last three weeks you’ve been coming in here and you’ve been asking me how the tuna is. Now it was crappy yesterday, it was crappy the day before. And guess what? It hasn’t changed.(この3週間、毎日ここにきてツナの味聞いてるじゃん。昨日もまずくて一昨日ももまずかった。で、どう思う?変わってないよ。)

ブライアン:I’ll have the tuna.(じゃあツナサンドで。)

 

ミアに好意を持っていて、3週間わざわざまずいツナサンドを食べに来るブライアン。

 

へたれ
会って話がしたいがために3週間も通い続けるブライアン…することが健気!!

 

▼使えるフレーズ

  • For the last three weeks:過去(この)3週間
  • Guess what?:なんだと思う?

 

Guess what? は普通になんだと思う?という意味で使うこともありますが、このシーンのようにあからさまなことを、少し皮肉っぽく「で、どう思う?(分かってるでしょ)」というように使うこともあります。

 

どう考えてもこれまでまずかったツナが、ある日を境に突然おいしくなることなんて無いですからね(笑)

 

Dude I almost had you.【ブライアン・オコナー】

 

ストリートレースで、ブライアンがドムに負けたあとのシーン。

 

ドム:What are you smilin’ about?(何笑ってんだ?)

ブライアン:Dude I almost had you.(もう少しで勝てたぜ)

ドム:You almost had me? You never had me. You never had your car.(俺に勝てた?車のコントロールも出来ずに?)

 

自分の車を賭けたレースに負けたのに、なぜか満足げに笑っているブライアン。

 

  • この場面での「had (have)」は「やっつける」という意味で使われています。

 

へたれ
ブライアンとドムの友情が芽生えたシーンと言えるでしょう!

 

この後もドムは「俺に勝てそうだったって?車が爆発しなくてラッキーだろ」と、嬉しそうに煽りまくります(笑)

 

I live my life a quarter mile at a time. 【ドミニク・トレット】

 

ドムが自分の過去について、ブライアンに語っているシーン。

 

ドム:I live my life a quarter mile at a time. Nothing else matters. Not the mortgage, not the store, not my team and all their bullshit. For those ten seconds or less, I’m free.(ゼロヨンだけに生きてる人生。借金も店もチームも何も気にしねぇ。(ゼロヨンの)10秒足らずの時間だけ、俺は自由だ。)

 

父を死に追いやった相手をレンチでボコボコにし逮捕され、プロのレーシング参加資格を失ったドム。

彼のストリートレースに対する想いがわかりますね。

 

へたれ
凶悪な犯罪者の雰囲気もあったドムですが、悲しい過去を背負っていたんですね…。

 

  • Quater mile(1/4マイル)は日本ではゼロヨンと呼ばれ、1/4マイル(約402m)を走行する競技ドラッグレースの日本での通称になっています。

 

What’s that supposed to mean?【ドミニク・トレット】

 

ストーリー中盤から後半にかけて、ブライアンとドムが食事をしているシーンでの一言。

 

ブライアン:Just gotta make a little something extra on the side, like you.(裏の稼ぎがあればな、あんたみたいに)

ドム:What do you mean like me? What’s that supposed to mean?(俺みたい?どういう意味だ?

ブライアン:That’s what I mean.(言葉通りだ)

 

シーンの背景としては、ドムが犯罪をしているのか知りたいブライアンが、かまをかけました。突然犯罪者呼ばわりされたドムはそれに対し、イラッとします。

 

  • 「What’s that supposed to mean?」は、怒りや不快感を込めた「は?どういう意味?」という言葉です。
  • 日常会話でも使いますし、海外ドラマや洋画ではよく出てくるフレーズです!

 

へたれ
僕も喧嘩中、彼女の皮肉に対しムカついた時なんかは「どういう意味だよ」というニュアンスで使ったりします!当然、逆も然りです…。

 

I owe you a ten-second car.【ブライアン・オコナー】

 

映画終盤、ドムに自分の車のキーを渡したブライアンの一言。

 

ドム:You know what you’re doing?(自分が何してるか分かってんのか?)

ブライアン:I owe you a ten-second car.(車の借りがあるからな)

 

警察が迫るなか、自分の車を大破させたドムに対し、自分の車を渡すブライアン。警察官の自分の仕事よりも、ドムとの友情を大事にした熱いシーンです。

 

なお、これが原因でブライアンは警察官をクビになり、次回作では犯罪者として扱われます(笑)

 

  • I owe you:借りがある、借りができた
  • 助けてもらったあとなんかに「ありがとう!1つ借りができたな!」みたいな言い方で使います。

 

へたれ
逆に相手を助けてあげた後に「You owe me!」で「貸し1つな!」みたいな感じでも使います。

 

日常会話で使うフレーズなので、覚えておいて損はないです!

 

ワイルドスピード(2001年)の無料視聴法+英語の勉強まとめ

fast and furious - cast

 

ワイスピシリーズの第1作目【ワイルドスピード】を無料で視聴できるVODサービスは、以下の4つです。

  • U-NEXT:31日間無料
  • Amazonプライムビデオ:30日間無料
  • Hulu:14日間無料
  • TSUTAYA TV:30日間無料

 

僕の個人的に好きなシーン、学べる英語シーンは…

  1. Every day for the last three weeks you’ve been coming in here…
  2. Dude, I almost had you.
  3. I live my life a quarter mile at a time.
  4. What’s that supposed to mean?
  5. I owe you a ten-second car.

 

上記5つはあくまでも一例で、このほかにも学べるシーン、名セリフは数多くあります。

 

本記事以外でも、無料かつ独学でできる英語の勉強方法や、モチベアップ記事があるので、是非ご覧ください。

 

>>>映画・海外ドラマを観て英語を勉強する方法を解説

>>> 英語を勉強する5つのメリット【英語で人生は変わる】

>>>シェアハウスで外国人と住んで英語がペラペラになる?

【ワイルドスピード _ 2001年】 無料視聴方法と英語学習まとめ
更新はTweetにて!最新情報をチェックしよう!