【MHW:IB】ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備と立ち回り紹介

  • 2020年1月26日
  • 2020年1月28日
  • MHW
  • 424view
MHW
・ムフェトジーヴァを脳死で周回したい方
・近接武器で被弾が多く、立ち回りが安定しない方

 

イベント時のみ討伐できるムフェトジーヴァが戻ってきました!

新しく登場した『覚醒武器』は一部の武器を除き、ほとんどがこれまでの生産武器を上回る性能です。

 

イベント期間が終わると次に来るまで入手不可能になってしまうので、前回あまり参加できなかった方も、今回ぜひ頑張りましょう!

 

今回はとにかく安定してクリアしたい方に向けて、個人的に最安定する装備を紹介します。

立ち回りに関してはこちら

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ※この記事は2019年12月17日に投稿しています ゼノ・ジーヴァの成体である『ムフェト・ジーヴァ』が[…]

マルチプレイ参加方法はこちら

ゼノ・ジーヴァの成体である『ムフェト・ジーヴァ』が実装されてから再びモンハンに戻ってきたプレイヤーも多いでしょう! ワールド時代のマム・タロトのようにマルチプレイ前提のクエストとなっているため、思うように周回できていない方もいるのでは[…]

ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備紹介

個人的には、回避性能Lv.3がデフォルトでついていて、かつ安定した高火力を出せる『覚醒水ライト』装備が、ムフェト周回においてはオススメです。

ムフェト周回の覚醒水ライト装備・防具

防具に関しては、全てムフェトジーヴァの素材で作れる『EX龍紋β』装備一式が理想です。

属性ライトボウガンとは非常に相性がよく、かなり強力な防具です。

 

護石に関しては、実質火力UPスキルであるスキル・弾丸節約を発動できる『業物の護石』一択です。

 

強さの理由等については下記の記事で解説しています。

関連記事

2019年12月13日、ゼノジーヴァの成体であるムフェトジーヴァが実装され、これまでの最強装備、テンプレ構成が大きく変わりました。 ムフェトジーヴァ素材で作れる防具『EX龍紋ヲ刻マレシ◯◯』(以下、赤龍装備)と覚醒武器の登場により、属[…]

ムフェト周回において入れたい必須スキル

ムフェトジーヴァ討伐クエストは、クエスト報酬のシステムなどが通常クエストと異なります。

そのため、一部スキルは普段のクエストで馴染みのないものですので、注意が必要です。


▼ムフェト安定討伐の必須スキル(覚醒水ライト)

  • 体力増強 Lv.3(体力珠)
  • 破壊王 Lv.3(重撃珠)
  • 水属性攻撃強化 Lv.6(流水珠)
  • 属性解放/装填拡張 Lv.3(解放珠)

何としても優先して入れたいスキルは、上記4つとなります。

 

装飾品がある程度揃っている方であれば、上記4つを入れた後もスロットに余裕があるはずです。

余裕がある方は、下記のスキルもオススメです。


▼ムフェト安定討伐のオススメスキル(覚醒水ライト)

  • 逆恨み(逆上珠)
  • 特殊射撃強化(特射珠)
  • 属性やられ耐性(耐属珠)
  • 体力回復量UP(治癒珠)

ムフェト周回の最適解武器・覚醒水ライト

武器は、他の属性ライトよりも性能が一段上の『覚醒水ライト(赤龍ノ狙ウ弩・水)』がオススメです。

 

1点だけ注意したいのが、覚醒能力の強化方法を間違えると、強さを最大限発揮できない点です。

マルチプレイをしていて気付きましたが、間違った強化をして性能を引き出せていないプレイヤーが数多くいました。

 

覚醒水ライトの覚醒能力強化については、下記の記事で解説しています。

「絶対に自分の強化方法は正しい!」と自信のない方は、必読です。

関連記事

ゼノ成体のムフェトジーヴァ登場によって実装された『覚醒武器』。 中でも一番の当たり、ぶっ壊れ武器とも言われているライトボウガン『赤龍ノ狙ウ弩・水』ですが、なぜ強いのか理由をご存知でしょうか? 強さの理由が分からないままだと、間違[…]

ムフェト防具・覚醒水ライトを持っていない方は?

ムフェトジーヴァを周回する上で、ムフェト防具と覚醒水ライトはかなり強力です。

しかしまだクリアできていない方、装備が揃っていない方は、シルソル防具と冥灯ライトでも代用が可能です。(※火力は落ちます)

 

過去記事で、ムフェトジーヴァの素材を一切使わない装備も公開しています。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アイスボーン、オススメ装備紹介第5弾! 今回は期間限定で追加されたゼノ・ジーヴァの成体、『ムフェト・ジ[…]

ムフェト周回・覚醒水ライトの立ち回り

CAPCOM公式HPより。

覚醒水ライト装備は、高火力を安定して出せるため、ムフェトジーヴァからの敵視を受けることが多いです。

敵視を受けるとは、DPSが1番高いプレイヤーが集中的に攻撃される状態のことを指します。
敵視を受けた場合も想定し、オススメの立ち回り方法をご紹介します。

ムフェト周回・1層目の立ち回り

1層目に関しては、覚醒水ライトだからといって特に意識することはありません。

PTメンバーによっても周回方法が異なると思うので、チーム内のルールに従いましょう。

 

PTメンバーが周回に慣れている場合は、1層目のみ全員(最低でも2人)で『ストームスリンガー』を使うことにより、高速で1層目を突破することが可能です。


▼1層目最速の立ち回り

  1. クエストリーダーが1番最初に降り立ち、咆哮後にスリンガー閃光弾を使う。
  2. PTメンバー全員で左後脚を攻撃し、ツタ罠まで一気に押し込む
  3. ツタ罠から抜け出すタイミングで、落石を当てる
  4. 落石ダウン中はひたすら攻撃(頭1段階目破壊できると良し)

 

③の落石のタイミングですが、確実に当てるコツが存在します。

 

ツタ罠に掛かって10秒ほど攻撃したら、落石を当てる役のプレイヤーは、落石側の壁に寄って待機します。

この際、あらかじめスリンガーの照準を落石箇所に合わせておくと良いです。

 

そのままカメラアングルを固定して待っていると、一瞬だけカメラがグイッと寄るように動くタイミングがあります。

カメラが動いたらスリンガーを当てるだけで、100%の確率で落石成功させることができます。

 

この方法はYoutubeでライブ配信をされている、kuruさんが配信中に発見しました。(※既に発見された方がいたらごめんなさい!)

 

▼kuruさんの情報

HN(ハンターネーム) kuru
HR(ハンターランク) 999(カンスト)
MR(マスターランク) 999(カンスト)
Twitterアカウント kuru@MHWアイスボーン(@xshion_n
YouTubeアカウント kuru(チャンネルはこちらから)
配信スタイル 視聴者参加型のライブ配信メイン(主に平日8時〜17時)

ムフェト周回・2層目の立ち回り

2層目からは、ムフェトジーヴァの敵視が発生します。

高いDPSを出せる覚醒水ライトは、敵視を受けることが非常に多いです。

 

敵視を受けた状態であちこち動くと、ムフェトジーヴァもそれに合わせて暴れてしまいます。

近接武器の方が立ち回りにくくなってしまうため、可能な限り、ムフェトジーヴァの顔の前をキープした立ち回りができると理想です。

 

慣れてきた方は、両翼の部位破壊も2層目で終わらせられると良いです。

ムフェト周回・3層目の立ち回り

3層目は敵視状態があることに加え、肉質が変わる『臨界状態』に移行するようになります。

臨界状態中は、肉質が柔らかくなり、ダメージの通りがよくなります。

 

必殺技である『王の雫』をムフェトジーヴァが撃ったあとは、臨界状態が終わってしまいます。

ダメージ効率を考えると、可能な限り臨界状態を維持するのが理想のため、スリンガー閃光弾を装填しておきましょう。

 

飛び上がった際に閃光弾を当てることで、空中から落とすことができます。(※閃光耐性がつくため、連発は不可)

 

また、空中で状態異常にさせることでも強制的にひるませて空中から落とすことができます。

地上にいる間に麻痺弾・睡眠弾をある程度撃って状態異常値を蓄積させておき、飛び上がったら最後の1発を当てて落とせたら完璧です。

 

ダウン中には、顔に徹甲榴弾を打ってスタンも取りましょう。

臨界状態時にいかに長く拘束できるかが、クエスト時間短縮の鍵です!

 

敵視が取れたら、味方が乗り攻撃をしやすいように段差付近で戦うのも有効です。

ムフェト周回・最安定の覚醒水ライト装備と立ち回り紹介まとめ

ムフェトジーヴァ周回にあたり、覚醒水ライトを使えばプレイヤースキルがあまり無くても、安定した高火力を出すことが可能です。

防具は『EX龍紋β』一式、武器は覚醒能力強化済みの『赤龍ノ狙ウ弩・水』がオススメ!

 

ムフェトジーヴァの敵視を取ったら、近接武器の味方のことも考え、可能な限り顔の前方で立ち回るようにしましょう。

 

3層目では単純に攻撃だけするのも良いですが、立ち回りに慣れてきたら、麻痺弾・睡眠弾・徹甲榴弾を上手く使い、臨界状態のムフェトジーヴァを長く拘束しましょう。

 

覚醒水ライト装備は、火力役だけじゃなくサポート役にもなり得ます。

上手に立ち回れればクエスト時間短縮ができ、味方から感謝されること間違いなしです!!

 

装備や立ち回りに関して気になる点があれば、コメント欄もしくはTwitterのDMにて回答します。

本記事が参考になった方は、SNSでのシェア、ブックマークをして頂けると嬉しいです♪

更新はTweetにて!最新情報をチェックしよう!